TOTAL/NOW 
  • 02<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ガンダム00 セカンドシーズン

#25(最終回) 再生 前編  後編はこちら ⇒ http://amarukeiichi.blog42.fc2.com/blog-entry-14.html

up1_20090411064735.jpg

■ 「そこか!リボンズ・アルマーク!」
 振り返った刹那の視線の先には両肩にキャノン砲を背負った赤い機体があった。そして、そのコクピットの中にはリボンズ・アルマークの姿が。
 「感謝してほしいな。君がその力を手に入れたのは僕のおかげなんだよ・・・。刹那・F・セイエイ。」

 リボンズの駆る赤い機体、リボンズキャノンと対峙するダブルオーライザー。幼き頃クルジスの戦場に現れたオーガンダムに神を見た刹那。そして今、刹那はその神と最後の決戦を迎えていた。
 「俺を救い、俺を導き、そして今また、俺の前で神を気取るつもりか!?」
 「いいや。神そのものだよ。」
 「そこまで人類を支配したいのか!?」
 「そうしなければ、人類は戦いをやめられず滅びてしまう。救世主なんだよ僕は。」
 「共に歩む気はないと?分かり合う気はないのか!?」
 「人間が自分たちの都合で動物たちを管理しているのと一緒さ。それに純粋種となった君に打ち勝てば、僕の有用性は不動のものとなる。」
 「そのエゴが世界を歪ませる。貴様が行った再生を・・・このオレが破壊するっ!!」
 「いい覚悟だ!」

 青き機体ダブルオーライザーと赤き機体リボンズキャノンはGN粒子を激しく噴射させ臨戦態勢に入る。 
 「ダブルオーライザー・・・」
 「リボンズキャノン・・・」
 「刹那・F・セイエイ!」
 「リボンズ・アルマーク!」
 「出るっ!!!」
 「行くっ!!!」




見た気になれるガンダム00 最終回 前編の続き
スポンサーサイト


ダブルオーライザー

 大好きな 仮想モデラーブログ さんにダブルオーライザーの線画があり、ぬりえをしてもよいとのことでしたので、お言葉に甘え早速塗ってみました~
  とてもキレイな線だったので、塗っていてとても気持ちが良かったです Zefai さまのモデリングが魅力的なのは細部までこだわっているからなんだなぁ…としみじみ感じました。

 ところで今回も思いつきで塗り始めたのですが、完成直前になって大きな問題が発覚
 ぬったはいいが、勝手にブログにアップしたら怒られるんじゃないだろうか… ここはちゃんと許可をいただかないと…。 と思い至ったのです。
 ですが実はボク、ブログとかやってますが、他人様のブログにコメしたり、掲示板に書き込んだりした経験がほとんど無いため、「なんて書けばいいんだろう… Σ( ̄ロ ̄lll))) アワアワ 」状態に…。
 と、とりあえずコメントしよう… と30分かけて5行… しかもグダグダ… orz しかし案ずるより産むが易し! Zefai さまは優しかった!! よかった~

 あ~ドキドキした。 みなさん いつもコメントありがとうございます。 改めて感謝です




GNアーチャーup

HG1/144 GNR-101A
          GNアーチャー

 なかなか完成しないアリオスをはじめとする主役機を差し置いて、さっさと組みあがってしまったGNアーチャー。
 なぜならかわいすぎるからである!もう背負子なんかいらない!
 GNアーチャー かわいいよ GNアーチャー 。
 それにしてもプラモデルと設定画がこれほどまでにかけ離れている機体も珍しいだろうと思う。 プラモデルがカッコよすぎるのか、設定画がおこちゃま体形すぎるのか…。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。