TOTAL/NOW 
  • 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



4_20120115215232.jpg  10_20120115215231.jpg

フリットに会いたかったから・・・

ガンダムAGE 第14話 悲しみの閃光

 ま、まさかユリンちゃんが死ぬなんてっ!!! って思った人は誰もいなかったでしょうね。
 あいかわらず説明不足の展開でした。「フリットに会いたかったから」しか言わなかったら、本当にフリットに会いたかったからMSに乗ってるバカな娘だと思っちゃいます。
 せっかくユリンを連れ去りに言ったシーンが挿入されたんですから、「ようやく探し当てたぞユリン」とか「我々に協力しないとコロニーを全滅させる」とか「このMSに乗らないとフリットを殺す」とかなんかひと言でいいからそれっぽいことを入れて欲しかったですね。それだけのことなんだと思います。子供向けを謳うなら尚更です。
 まさに『殺すためだけに登場させた』といった感がありありで、涙できなかったです。(違う意味で泣けてきましたが)






16_20120115215231.jpg  22_20120115215230.jpg

 今週作画はきれかったです。そんなに動いている感はなかったですが、作画がいいと棒立ちでもかっこよく見えるから不思議です。
 母艦で強襲揚陸、乗組員全員による白兵戦とストーリーの方は完全にファーストのオマージュのようです。ただし白兵戦などは全く必要性のないもののように思われます。ただただオマージュのために?って感じです。
 タイタスの破損にしても、なぜあそこでタイタスが扉をこじ開けないといけないのか? おおいに笑わせてはいただきましたが、ただノーマルを出すためだけの演出なわけで、先週のフォトンブラスターキャノンとかの設定がまるっきりないことになっちゃってますから残念でなりません。




28_20120115215230.jpg  34_20120115215228.jpg

 グダグダと悪点ばかり書いてきましたが、要するに ユリンが死んでボクはご立腹だ! ってことです。あーもう全然おもしろくない。 ホント唯一の楽しみもなくなっちゃいました。 ガンダムじゃなかったら絶対もう見ないのになぁ~
 もう二期での盛り返しに期待するだけです。










関連記事




コメント
この記事へのコメント
時が見える…!?
本当に安直でそのままでアレな展開でしたね…。

とりあえずラーガンさんのケガの原因&ノーマルスーツの素材に疑問符が…(笑)
ディーバの丁寧な後方駐車に絶句&大爆笑しました。あの状況だとやはり突貫でしょう!なにより後ろ姿がGNアームズに見えて…(爆)
髪を下ろしたユリンさんに萌えました。素直にかわいいっす(泣)
2012/01/15(Sun) 22:49 | URL  | 酢ダコ #-[ 編集]
来週見て下さい
どうしてギーラゾイがUEの活動をしていたのか、どうしてフリットがUEと戦い続ける意味を考えなければならないのか、明らかになると思います。

ユリンとの絆については、たぶんフリットが大人になってからも回想で出てくると思うので、その時に大人なりの解釈を示すような気がします。
2012/01/15(Sun) 22:53 | URL  | 通りすがり #-[ 編集]
・・・orz
ホントにやっちまったよ。

今なおアニメ視聴者の間で語られる「SEED D」最終回以来の衝撃(笑撃?)展開でしたね。

今回は、5年ぶり位に真面目に書きますが、

アニメに限らず、作劇の基本は「死」等の「結果」に至るまでの「課程」を
如何にきちんと描くかにあります。
なぜなら、それが描かれて初めて視聴者や読者はキャラクターに感情移入し、
提示された結果を受け入れ、感動することが出来るからです。

卑近な一例を挙げれば、「北斗の拳」サウザー編においては、原作漫画よりも、
シュウ親子の為人を補完したTVアニメ版の方が(卓越した演出もあり)より泣ける物になっている
等があります。

この「課程」を疎かにした場合、「結果」のシーンを如何に感動的に演出しても、
視聴者は置いてきぼりを食うだけです。

ここ数話、シリーズ構成協力がOPにクレジットされていますが、現在本作に必要なのは、
そうした大枠では無く、細かな台詞、演出に対するアドバイザー的な物ではないかと思います。

長文失礼しました。

本ブログの内容にそぐわないと判断された場合、削除して下さい。 
2012/01/15(Sun) 23:09 | URL  | nns #PjhX0VK2[ 編集]
Re: 酢ダコ さま
> とりあえずラーガンさんのケガの原因&ノーマルスーツの素材に疑問符が…(笑)

なにがどうなって、ああなったのでしょうか? 想像できなくて・・・ 打ったのかな?どっかで

> ディーバの丁寧な後方駐車に絶句&大爆笑しました。あの状況だとやはり突貫でしょう!

フォトンブラスターキャノンとはなんだったのか・・・
2012/01/15(Sun) 23:27 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
Re: 通りすがり さま
> どうしてギーラゾイがUEの活動をしていたのか、どうしてフリットがUEと戦い続ける意味を考えなければならないのか、明らかになると思います。

私見ですが、おそらく3期までそのあたりは明らかにならないんじゃないでしょうか?100年大河を謳ってますし。

> ユリンとの絆については、たぶんフリットが大人になってからも回想で出てくると思うので、その時に大人なりの解釈を示すような気がします。

果たして本当にユリンは死んだのでしょうか? 否、そんなことはない生きているはずだ! と思っておきます。
2012/01/15(Sun) 23:30 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
Re: nns さま
> アニメに限らず、作劇の基本は「死」等の「結果」に至るまでの「課程」を 如何にきちんと描くかにあります。
> なぜなら、それが描かれて初めて視聴者や読者はキャラクターに感情移入し、提示された結果を受け入れ、感動することが出来るからです。

まさにその通りですね。感動とは気持ちの揺らぎですから、気持ちを揺らしてもらわないとダメなわけで、その揺れが大きければ大きいほど感動も大きくなるってことだと思います。
そのためには、キャラクターへの感情移入もさることながら、「なぜ死ななければならなかったのか?」を描くことが大切なんだと思います。「そんな理不尽な!」とか「それはかわいそう」とか「その気持ち分かる!」みたいなことで気持ちを揺らしてもらわないと、今回のようなポッカーン・・・になるということですね。
2012/01/15(Sun) 23:36 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
でもさすがに7歳の男の子を手に掛ける様は描けませんでしたね(笑)
2012/01/16(Mon) 12:25 | URL  | パタリロ #-[ 編集]
Re: パタリロ さま
> でもさすがに7歳の男の子を手に掛ける様は描けませんでしたね(笑)

フリットがあの時止めを刺さなかったから・・・
そんなことにならなければ良いのですが・・・
2012/01/16(Mon) 21:07 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。