TOTAL/NOW 
  • 05<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



1_20120205155716.jpg  2_20120205155715.jpg

モーレツ宇宙海賊 #4・#5

 これは面白かった! 放送前にタイトルでただのギャグアニメだと思っていたボクの完全敗北でした。特に #4・#5のオデットII世編は最高でしたね。着々と進められる作戦。落ち着いた雰囲気。丁寧な心理戦。求めていたものがここに! と言っても過言じゃない出来上がりでした。ももクロZのOPもいいですし。

―あらすじ―

 白鳳女学院高等部ヨット部は練習用太陽帆船・オデットII世で練習航海へと出港したのだが、謎の船に付け狙われる。 狙われていることを確信した白鳳女学院ヨット部の面々は、敵船を撃退することを決めるのだった。
 敵の仕掛けてくるタイミングを読み切り、電子戦に引っ掛かった振りをしてそのスキに相手のコントロールをハッキングする戦略。 敵の位置は自機のレーダーの届かない砂の赤星の裏側。仕掛けは砂の赤星に最接近する定時連絡の直後。敵のハッキングに備えてオデットII世のデータを丸ごとコピーした隔離領域を作成し、相手のクラッキングをそちらにまわす。

 「ホントに来た・・・」

 茉莉香の読み通りに敵が電子戦を仕掛けてきた。撹乱されるレーダーと通常回線へのハッキング。 ヨット部の乙女たちは敵に奇襲されている体を装いながら、敵船のコンピュータの中枢に直結するのだった。 ダミーシステムが全て乗っ取られ、敵船から降伏を促す電が入る。
 それに対する返信は 「馬鹿め!」 オデットII世は電子戦に突入するのだった。




関連記事




コメント
この記事へのコメント
今晩は。

遂に「モーレツ」もレビュー戦線に加わりましたね!

放送前原作小説を少し読む機会があったのですが、電子情報戦と駆け引き中心の戦闘シーンが
アニメで表現できるのか不安だったのですが、杞憂だったようですね。

来週からいよいよ本格的な海賊物になる訳ですが、かなり期待できそうです。

仮に本作がヒットすれば、本命?の「エリアル」もアニメ化の可能性があるかも知れませんね(笑)
2012/02/05(Sun) 20:56 | URL  | nns #PjhX0VK2[ 編集]
Re: nns さま
> 遂に「モーレツ」もレビュー戦線に加わりましたね!

いや、さすがに今期はこれ以上のレビューは無理です~ ホントに今期は良作に恵まれてますね

> 放送前原作小説を少し読む機会があったのですが、電子情報戦と駆け引き中心の戦闘シーンがアニメで表現できるのか不安だったのですが、杞憂だったようですね。

原作も読みたくなりました!
2012/02/05(Sun) 21:21 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
電子戦はスマートです

考えて見ればいきなり実弾が飛び交うガンダムシリーズは電子戦じゃもう腹の虫がおさまらないのかなぁ……。

(ただファーストガンダムは電子戦と言う概念は無かったと思いますよ……)



まさかの……“バカメ”

コメント欄に一斉に“沖田艦長”の書き込み多数。実は『宇宙戦艦ヤマト(TV版)』で沖田艦の環境でガラミスの通信に対して返信した言葉がコレ……。


ライトニングイレブンの目的は?

茉莉香の事だけじゃないかもしれないませんね、その後は私掠令状持ち二隻と正規軍でフルボッコ……案外ケイン先生があの時の通信は……。
2012/02/05(Sun) 22:53 | URL  | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo[ 編集]
Re:YF-19k(kyousuke) さま
> (ただファーストガンダムは電子戦と言う概念は無かったと思いますよ……)

ミノフスキー粒子の為UCの世界では電子戦は不可能ですもんね。

> ライトニングイレブンの目的は?

敵側の描写が全くないっていうのはある意味新鮮ですね。
2012/02/06(Mon) 20:45 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
>ミノフスキー粒子の為UCの世界では電子戦は不可能ですもんね。

確か、PS2初期のゲーム「ジオニック・フロント」及びそのノベライズ版では、
偽装音源や熱源を用いた、ミノフスキー粒子下ならではの情報欺瞞戦が描かれていた様な気がします。
2012/02/06(Mon) 21:19 | URL  | nns #PjhX0VK2[ 編集]
Re: nns さま
> 確か、PS2初期のゲーム「ジオニック・フロント」及びそのノベライズ版では、偽装音源や熱源を用いた、ミノフスキー粒子下ならではの情報欺瞞戦が描かれていた様な気がします。

そういえば08MS小隊でもそんな描写があったような気がしますね。電子戦というよりはアナログチックですが。
2012/02/06(Mon) 21:41 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。