TOTAL/NOW 
  • 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



10_20120302085818.jpg

 はーい \(^o^)/ フィギュアでぬりえをしよう! も最後の回となりました。第1回にすべてを置いてきた! と言っても過言ではない出オチ企画となってしまいましたが、まぁここまで来たら最後まで行きまーす (*^_^*)

 前回 http://amarukeiichi.blog42.fc2.com/blog-entry-1105.html で一応完成したのですが、今回はさらにリアルさを追求していきたいと思います。

10. 乗算レイヤーを複製して重ねる

 乗算レイヤーを複製します
 それを乗算で重ねます → これで陰影がよりくっきりとします
 そのままだと暗すぎるので、肌色を間に挟み調整します
 これで肌色を保ちつつ陰影のコントラストを上げることができます





11_20120302085817.jpg

11. 上の乗算レイヤーを非表示にしてみる

 上の乗算レイヤーを非表示にするとこんな感じになります
 肌色を挟んだことで、下の画像はこんなに明るくなっています
 上の乗算レイヤーを表示すると暗い、非表示にすると明るい。というレイヤー構成となりました
 つまり上の乗算レイヤーを消しゴムで消せば、下の明るく彩度の高い色が出てくる状態です

 ということで、明るくしたいところを上のレイヤーから消しゴムで消していきます





12_20120302085817.jpg

12. 陰影調整

 さらに一番上に乗算レイヤーや発光レイヤーをつくります
 あとはこころの赴くままに陰影や色をつけていきます
 この作業はとにかく上手にボカスことが重要となってきます
 そういう点ではこの作業は sai の水彩筆が合っているんじゃないかと思います

 まぁこんな感じで気の済むまでやっていただければ良いかと思います





元  完成

13. 完成

 最後に全体の明るさや色調や彩度を調整して完成となります




 はいっ (^O^)/ ということで 「30歳からはじめるフィギュアでぬりえ」 全3回にお付き合いいただきありがとうございました m(_ _)m
 偉そうにこんな講座チックなことをしてみましたが、難しかったー たぶん伝わった量は伝えたかった量の 1/24 くらいではなかったかと思います・・・ (T_T)  ホントわかりにくくてすみませんでした。






関連記事




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。