TOTAL/NOW 
  • 05<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



1_20120412211650.jpg  2_20120412211648.jpg

 1月に http://amarukeiichi.blog42.fc2.com/blog-entry-1001.html で紹介したPVのきれいなやつが公式HPで公開されました。
  http://anime.biglobe.ne.jp/title/4609/view/1/

 いいですね。KMFいい動きしてます。まぁ内容は前回と一緒なので特に目新しいものはないですが、画がきれいです。
 ちなみに「亡国のアキト」 は2012年初夏に第一弾が全国10館でイベント上映が予定されており、現在までもキャスト(日向アキト:入野自由、レイラ・マルカル:坂本真綾)、スタッフ、主題歌(「モアザンワーズ」作詞:岩里祐穂、作曲:菅野よう子、歌:坂本真綾)などが発表されている。

皇暦2017年。
王位継承権を剥奪された少年ルルーシュが、仮面の男「ゼロ」となり、母国でもある超大国、神聖ブリタニア帝国に大規模な反抗活動「ブラック・リベリオン」を起こしていた。 反ブリタニアの気運が高まる中、ブリタニア帝国は、圧倒的な戦力をもってこれの制圧を行う。

時を同じくしたヨーロッパ。ここでも圧倒的な武力によって侵攻を行うブリタニア帝国に対し、ヨーロッパ連合国E.U.は防衛線を徐々に下げていた。
敗戦の色濃いE.U.軍にて編成された特殊部隊「W-0」に所属するパイロット、日向アキト。元ブリタニア貴族の少女、レイラ・マルカルを司令官に据えた
「W-0」は、E.U.人のバックアップと日本人の少年少女のみで構成されたナイトメア部隊から成り、生還の確率が非常に低い無謀な作戦に投入される。

凄惨な過去を持ち、過酷な状況に立たされた少年たちは、自分たちの帰るべき「家」を作り、守るために、大人たちの社会へ戦いを開始する。






関連記事




コメント
この記事へのコメント
お早うございます。

要するに、「銀英伝」のローゼンリッターの様な亡命者部隊の話なんですね。

メカ的には、KMF戦が地上戦から空中戦主体になる移行期の話ですから、
序盤は陸戦主体になるんでしょう。

話的にはEUの部隊として戦いつつ、本編の情勢変化で、最期はアキトは黒の騎士団と、
レイラはシュナイゼル派と合流という方向性に行くんですかね。
2012/04/13(Fri) 08:23 | URL  | nns #PjhX0VK2[ 編集]
Re: nns さま
> メカ的には、KMF戦が地上戦から空中戦主体になる移行期の話ですから、序盤は陸戦主体になるんでしょう。

やっぱりKMFは陸戦ですよね~ 飛ぶ必要なしです!

> 話的にはEUの部隊として戦いつつ、本編の情勢変化で、最期はアキトは黒の騎士団と、レイラはシュナイゼル派と合流という方向性に行くんですかね。

本筋にはあまりガッツリかみつきにいかないで、EU戦線だけで終わらすんじゃないか? とボクは予想しています。
2012/04/14(Sat) 09:34 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。