TOTAL/NOW 
  • 03<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



1_20120627110024.jpg  2_20120627110023.jpg

羽根犬ごときが「無限」を語るなど笑止。神の力こそ「無限」。いかなる場所にも現れ、いかなる時にも祝福を与える

アクエリオンEVOL #26(最終回)「LOVE」

 あぁ~終わっちゃいましたね~ EVOLのバカ具合は結構好きだったんで残念です。 最後はそれっぽい感じで締められちゃいましたが、よくよく考えるとナンノコッチャ? って内容だったかと・・・。
 アマタとカグラが元に戻るわけでもなく、ミカゲとトーマが元に戻るわけでもなく、クソ男はあっさりとクソ女を諦めドン底女の元に走り、紙袋は取られず、不動は動かず、最後は羽根犬とシルヴィアがくっつくという前作陵辱エンドでした。 
 作品全体の総評としては中盤までのバカさ加減は最高で、MIXのビッグバンがもどるハッピーエンドものでしたので、DVDはいらないけど見ていて損はなかった!って感じでした。




3_20120627110022.jpg  4_20120627110021.jpg

大切な仲間を、大切な相手を、大切な人を、大切な想いを!!

-あらすじ-

 太陽の翼を手に入れたミカゲは黒きアクエリオンとなり、双星を干上がらせる灼熱の炎を化すのだった。双星を守るため、ミカゲを止めるために立ち向かうディーヴァのエレメント達。
 そんな戦いの中、ミコノは1万2千年前の、そして2万4千年前の記憶を取り戻す。トーマの転生であるミカゲに謝罪し全てを終わらせようとするミコノであったが、じつはミカゲは愛に生きるトーマガ切り離してしまった心の影だったのだ。
 1万2千年前の運命に関係なく、今を生きるミコノのことが好きだと叫ぶアマタはミカゲに向かい飛翔するのだった。







5_20120627110020.jpg  6_20120627110019.jpg

違うEVOLじゃねぇ、そいつの新たな名前は・・・アクエリオンLOVE

 すみませんちょっと笑ってしまいました。放送開始時から「LOVE」がテーマなんだろうとは話題に上ってましたが、まさかラストシーンであんな堂々と出てくるとはw さすがとしか言いようがない! しかもあのカグラが叫ぶとはw 逆さまwww これ言わすためだけに逆さまのエレメント能力だったんじゃないかって勘ぐっちゃいましたwww

 最終回の賛否はあるんでしょうが、ちゃんと決着をつけてくれる河森監督の作品はやっぱり好きです。遊び心たっぷりですしねw



















関連記事




コメント
この記事へのコメント
アクエリオンクォリティがこれで終わるわけではない?
理事長、何を言い出す

ドナールもいきなりの事で顎が外れそうになるほど口あんぐり状態。そして全裸シーンまで削るなんてカツカツだったんですね。

どうもBD/DVDにディレクターズカット版も入れるそうなので、もしかすると……


そして後日談でパパになりそうですね、ハイ(笑)


シュレードは死んだ?

死んだと言うよりはあのベクターマシンに同化したかもしれませんね。


カグラとミコトが急接近

あれよあれよと急接近……コレハコレデ当然の成り行きかもしれませんね。


最後の必殺技が

ドモンとレインの“合体技”以来、熱過ぎる技ですね……。


アポロニアスは何故ここまでしたのでしょうか?

堕天使族であった彼もセリアン(シルヴィア、ミコノ)を好きになりましたが付いて来た翅犬(アポロ、アマタ)も恋をした、多分セリアンはその事は知らずに接していたのでしょうね……その上にトーマが拗れてしまったのでややこしくなってしまったから2万4千年も……壮絶なトライアングラーだった訳だ。


アレ?

MIXの胸が戻りました

どうもアイアンシーの力が返ってアルテアを死にゆく世界にしていたと言う事か……まあ、連れ出せば解決した訳ね……。


紙袋ちゃんの謎

彼女の正体は……機会があれば語られるかもしれませんね。
2012/06/27(Wed) 13:24 | URL  | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo[ 編集]
Re: YF-19k(kyousuke) さま
> 死んだと言うよりはあのベクターマシンに同化したかもしれませんね。

肉体は滅んでも精神は消えない!っていうことなんでしょうかっ!?

> あれよあれよと急接近……コレハコレデ当然の成り行きかもしれませんね。

カグラの心変わりの早さには驚かされるばかりでした!

> 彼女の正体は……機会があれば語られるかもしれませんね。

これこそディレクターズカットで!!
2012/06/27(Wed) 14:03 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
まぁあまり堅苦しいことは。
ええい!まてい#
二万年と四千年に渡る浮気とストーカーの決着がこれかい。
しかもセリアン=ミコノにちゃんと見届けろとか何??
一番逃げてたのオマエだろうがっ#
「ごめんなさいよぉぉぉぉぉ」は、まずトーマ(ミカゲじゃなくてね)と地球の皆様にorzしながらいいやがれ。
ってくらいなんか不動=アポロニアスにはむかつきました。

ゼシカと犬は初めから「これしか対応相手がないよなー」と思ってたのでいいですが、しかし、犬。
あんなに下品な執着していた割にあっさり一瞬で鞍替え。
さすがダイナミック浮気男の飼っていた犬だ。
ゼシカの幸せのためなら許すしかないけれど、地球人どれだけ殺したか自覚ある?
で、なんのお咎めも反省もないのか;

あまりツッコミ入れても意味ないのでいいんだけど・・・しかしなぁ。
ジンくん哀れだー。
シュレードはまあいいとして、いろいろ放り投げられたままで見られなかったエピソードが多いです。
やっぱり墓穴と水着の分後半に使ってほしかった。
ミコノは本当に何もしないヒロイン。
台詞の半分以上が「ミコノさぁ~ん」だったアマタ。
情けない両親。
もう主役はゼシカと犬ってことでいいですかね;
ミカゲはひたすら気持ち悪かったけど(中村さんお疲れ様です。マジ)
トーマの最後の「愛してる」というつぶやきは結構まっすぐに来ます。森川声のせいだろか~v
曲も本当にきれいですしね。

ここまでバカバカしくもまっすぐに花火ぶち上げた感は悪くなかった。
たしかにTVからの録画だけで充分ですけど。

で、近頃のワカイモノはアクエリオンすらあまり見ていないようです。
これはヲトナが見て笑って楽しむアニメだった模様;
本当に腐と百合とゲームとラノベでほぼ100%。メカ、アクション好きっていないらしいです。
男子が多いのに、いやはや・・・。

とりあえず後番組のトータルなんちゃら、女子のユニフォームがちょーっとアレですがメカものなので観ようかと思ってます。
2012/06/27(Wed) 21:44 | URL  | tomoko #aW8qDj4U[ 編集]
Re: tomoko さま
> ってくらいなんか不動=アポロニアスにはむかつきました。

お前どんだけ上から目線やねん!ってボクもつっこんじゃいましたw

> 台詞の半分以上が「ミコノさぁ~ん」だったアマタ。

その通りすぎてワロタwww

> 本当に腐と百合とゲームとラノベでほぼ100%。メカ、アクション好きっていないらしいです。

なによりニコニコで配信しないとダメですね~
2012/06/27(Wed) 22:07 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
祝! ビッグバンリターンズ!

以上。

…と言うわけには行きませんね。

今晩は。

矢張りハネ犬オチがいかんともしがたいですね。
恐らくこの手のネタでは、ニナ×ガトー級の代物なのでは。
前作、映画、OVAから通しで見た場合、不整合性も出るでしょうし。

アポロニアス=不動は、結局2万4千年間事態を放置していたと言う事になりますし…
この辺りの事情をもう少し突っ込んでくれればとも思いますが、そうすると、
前半~中盤の面白かった馬鹿話が削られると言う事になったでしょうし。

アマダ×ミコノは最初から確定的だったこともあり、ゼシカ、カグラの絡んだ四角関係も、
前作で26話中推定23話くらい喧嘩した上で結ばれたアポロ×シルヴィアに比べると描写不足で
イマイチ乗り切れませんでした。

アンディー×MIXの穴×2やジン君×ユノハの悲恋、シュレード死なね~等、
脇役陣のエピソードがシリアスとギャグの微妙なバランスを貫いていたのとは好対照でした。

何処まで真面目なのか良く話から無さ加減が秀逸な戦闘シーンや流石のCGワーク、
BGM等は素直に楽しめました。

半年間のレビューお疲れ様でした。

追記:
で、いよいよ来週から、「トータルイクリプス」が始まりますね。
漸く「アニメで動いている戦術機」が見られます。
個人的には7月開始の本命です。

これが好評なら正伝である「マブラヴ オルタ」もアニメ化されるんでしょうか。
2012/06/27(Wed) 22:16 | URL  | nns #in0idsZY[ 編集]
Re: nns さま
> 前作、映画、OVAから通しで見た場合、不整合性も出るでしょうし。

河森監督得意の平行世界なのでしょうきっと(笑)

> アンディー×MIXの穴×2やジン君×ユノハの悲恋、シュレード死なね~等、脇役陣のエピソードがシリアスとギャグの微妙なバランスを貫いていたのとは好対照でした。

全体的に見て、前作よりはおもしろかったと思ってます。

> で、いよいよ来週から、「トータルイクリプス」が始まりますね。 漸く「アニメで動いている戦術機」が見られます。 個人的には7月開始の本命です。

やはり夏アニメの大本命ですね~ 
2012/06/28(Thu) 22:00 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。