TOTAL/NOW 
  • 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



b1_20121108190308.jpg  b2_20121108190307.jpg

11月8日出荷
HGUC 1/144 RX-160S バイアラン・カスタム (機動戦士ガンダムUC)

●『機動戦士ガンダムUC』 episode 4に登場のバイアラン・カスタムをHGUC化!
●ティターンズの開発した試作型MSであるバイアラン。そのカスタム機、バイアラン・カスタム
 をHGUC化。飛行形態に特化した独特なフォルムを忠実に再現。通常のMSより大きいその
 機体は1/144スケールでも全高約170mmと存在感抜群。
●プロペラントタンクは、開閉ギミックを再現。
●砲塔部にはビーム・サーベル用パーツを装着可能。両腕に装着し、二刀流の再現も。
●クロー部や砲塔はフレキシブルに可動。
●付属の専用マウントパーツでアクションベースにも対応。
●RX-160S バイアラン・カスタム…グリプス戦役に投入されたバイアランを改良した
 技術試験機。大気圏内の飛行時間を延長すべく、各部スラスターの強化、
 プロペラントタンクの増設などが行われている。
●付属品:ビーム・サーベル×2、プロペラントタンク×2、アクションベース用マウントパーツ





b3_20121108190307.jpg

RX-160S BYARLANT CUSTOM

 RX-160S《バイアラン・カスタム》は、とある技術試験計画によって生み出された。本気を語る上で、その素体となったRX-160《バイアラン》の存在は外せないだろう。
 宇宙世紀0087年。地球連邦軍の内覧を発端とした『グリプス戦役』において、ティターンズは地球上の制空権を確固たるものとすべく、飛行性能に重点を置いた試作機の開発を進めた。《ベースジャバー》などのS.F.S.を使用する訳でもなく、当時のトレンドであった飛行に即した形態へ変形させる方式を採ることもなく、単独且つ、人型の姿を保ったままであることを選択したのである。大気圏内用熱核ジェット・エンジンの搭載比率を大幅に高め、当時の最新技術による軽量化と空力特性を追求した《バイアラン》は、モビルスーツ史に次なる一歩を踏み出したことに間違いなく、新たな系譜の先陣としてその発展を大いに期待された。
 だが、ティターンズの敗北を持って『グリプス戦役』が集結したことにより、ティターンズ直系のモビルスーツの歴史の影と消え、その後継機は永らく生み出されることはなかった。
 特に個性的な《バイアラン》のコンセプト継続は、もはや絶望的とも言えたのである。だが、立たれたはずの道程の先に《バイアラン・カスタム》は存在した。推進機関の強化とプロペラントの増設、メインウェポンが大幅に改良されるなど、カスタムのなに恥じない総合的な性能向上を果たしたモビルスーツが。特筆すべきは、本機の技術試験計画の発案、進行の全てが、ある連邦軍基地の限られた人員によって行われたと言う事実だ。この期待は開発機関からもたらされた最新技術では造られてはいない。改修検証機である1号機と、さらなる改修が施される予定の2号機のいずれもが、人が培った経験でカスタマイズされたのだ。宇宙世紀0096年。未だ亡国の名にすがりつつ地球に埋伏していたジオン残党軍は、些細なきっかけで怨嗟を力に変え、その矛先を寂れた連邦軍事施設へと定めた。だがその工廠に、平和な空を飛ぶはずだった1号機が起動の時を待っていたことは、誰にも予想できなかったのである。












a1_20121108190306.jpg  a2_20121108190305.jpg

11月8日出荷
BB戦士 No.376 ガンダムAGE-FX (機動戦士ガンダムAGE)

●ガンダム究極進化形態FXがSDとなって登場!
●スタングルライフルはパーツの組み換えでチャージモードも再現可能。
●Cファンネルは取り外し可能!
●スタングルライフルに外装を装着することでバズーカモードを再現。
●コアファイタードッキングギミック搭載!
●付属品:スタングルライフル(バズーカモード)、Cファンネル大×6、Cファンネル小×8



ガンダムAGE-FX
 ガンダムAGE-3を改修し、Xラウンダー用の特殊武器である”Cファンネル”を装備した『ガンダム』の究極進化形。FXとは”Follow X-rounder”の略。
 ファンネルはそれ自体が敵に突撃してダメージを与えるほか、ビームなどを弾く盾としても使うことができる。無線誘導されるこの装備の採用は、AGE-3とガンダムレギルスとの戦いにおいて、AGEシステムがヴェイガン製のXラウンダー用の装備である”ビット”の有用性を認めたからであるとも言われている。

コアファイター
 コックピットはコアファイターとして分離が可能であり、希少な存在であるXラウンダーの生存性を高める配慮もなされている。










age56566.jpg

 「ガンダムAGE」豪華版Blu-rayスペシャル企画「第12回特典イラストキャラ投票」の結果です。

 ・・・そんな露骨に興味が無い顔をするのはやめていただきたいものだ!















関連記事




コメント
この記事へのコメント

コアファイター内蔵だったんですね……爺さん、そしておとーさん少し自重して(笑)そして忘れ去られたAGE-3(落涙)
2012/11/08(Thu) 22:50 | URL  | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo[ 編集]
親方様♪
豪華版Blu-rayの人気投票ってまだやってたんですね。私的にオクラムド指令の勇姿が見たいです(笑)

これが話題になって売り上げに直結してないですかね…。そして購入する奇特で熱心なファンは日本全国に存在するんでしょうか(汗)

とかいいつつプラモをちょこちょこ買ってます~♪
2012/11/09(Fri) 01:32 | URL  | 酢ダコ #-[ 編集]
Re: YF-19k(kyousuke) さま
> コアファイター内蔵だったんですね……爺さん、そしておとーさん少し自重して(笑)そして忘れ去られたAGE-3(落涙)

「行くぞ! 爺、父、子!」 には爆笑してしまいましたwww
2012/11/09(Fri) 20:48 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
Re: 酢ダコ さま
> 豪華版Blu-rayの人気投票ってまだやってたんですね。私的にオクラムド指令の勇姿が見たいです(笑)

最終巻の人気投票ではきっと1位になっていることでしょう!

> とかいいつつプラモをちょこちょこ買ってます~♪

なんだかんだいいながらもMSデザインは超かっこいいですからね~(*´∀`*)
2012/11/09(Fri) 20:53 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
今晩は。

>RX-160S BYARLANT CUSTOM
4巻での活躍の裏には、何やら熱いドラマがあったんですね。
しかし残念ながらその後ミノフスキー工学を応用した飛行技術の小型化が進み、
純粋に軽量化+空力で飛行するMSの系譜は本機とディジェSEーRで事実上途絶えてしまいます。
トリントン基地での活躍がこの機体にとっての人生の15分だったのでしょう。

>・・・そんな露骨に興味が無い顔をするのはやめていただきたいものだ!
というか、数年後にはこの面々を見て「これ何のキャラだっけ?」と
アニヲタに言われる様な気がして怖いです。

>なんだかんだいいながらもMSデザインは超かっこいいですからね~
ジェノアス系は良い量産機をやっていたと思うのですが。プラモの可動域も広いですし。
2012/11/09(Fri) 22:17 | URL  | nns #PjhX0VK2[ 編集]
Re: nns さま
> 4巻での活躍の裏には、何やら熱いドラマがあったんですね。

いろいろあったようですよ~感銘を受けて全部写しちゃいましたw

> ジェノアス系は良い量産機をやっていたと思うのですが。プラモの可動域も広いですし。

クランシェなんかはボクの中ではかなり上位にランキングしてます
2012/11/09(Fri) 23:36 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。