TOTAL/NOW 
  • 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



1_20121229185034.jpg  2_20121229185035.jpg

プラーフカの制限解除許可を。私はそのために作られました

トータル・イクリプス 第24話(最終話) 白い闇

 終わつてしまいましたねー 「俺たちの戦いはこれからだ!」エンディング予想を大きく裏切る 「私たちの(恋の)戦いはこれからだ!」エンディングでしたねw 

 全体的な感想をしましては・・・ 派遣を握れるほどのポテンシャルを持ちながらも、良い点が噛み合わずちょっと残念な結果になりながらも~DVDはそこそこ売れているようなので失敗ともいえないのかなぁ? って感じでした。 
 設定の深さと緻密さなど、マブラヴの世界をもっと知りたいと思えた点で、原作への入門編としてはたいへん良い出来だったのではないかと思われます。 最後が「END」となってましたので、テレビ編がまた作られるのかどうかはわかりませんが、OVAなどの展開は期待できるんじゃないでしょうか? それだけの需要はありそうです。





3_20121229190928.jpg  4_20121229190929.jpg

貴様はアメリカを、自らの故郷を破滅から救うんだ!そのチャンスがまだ貴様の手にあるうちに


―あらすじ―

 ユウヤを護りたいという願いから、制限解除のプラーフカを解放したクリスカとイーニァ。
 だがクリストファーが作動させた装置により強力な暗示をかけられ洗脳状態にされてしまう。
 そして事態は思わぬ方向へ…。
 ユウヤは唯依達のもとにたどり着くがそこで目にしたものは衝撃的な光景であった。
 ビェールクトのパイロットが誰なのかを唯依はユウヤに知られまいと、あえて「こいつは敵だ。」と言うのだった…。
 ユウヤは彼女達を救えるのか。







5_20121229190929.jpg  6_20121229190930.jpg

私たちは敵ではない、もっと厄介でたちが悪い関係 ― 恋敵だ


 やっぱり結局のところトータルイクリプスでいちばん有名なのはレーザー級さんなんでしょうねw あのインパクトと愛くるしいキャラ! 
 アナライズSPの光線級さんのセリフ 「トータルイクリプスといえば私、光線級ですよ」を思い出しましたw
 そういえば最終話にして、念願のレーザーヤークトを見ることが出来ましたが、まさかBETAを盾として使っているとか想像もしてなかったので思わず笑ってしましましたw

 そして エンドカードイラストwww エンドカードイラストなんだこれwww 間違いない!これがトータルイクリプスだwww

 ということで、衝撃の「帝都燃ゆ」から半年。1~3話の『えぇ~このアニメどうなるの?」感は一生忘れることはできないと思われる名作のレビューにお付き合い いただきありがとうございました m(_ _)m













関連記事




コメント
この記事へのコメント
今晩は。

終わってしまいました。
仰る通り、ブレークできる要素満載でありながら、
終始何かがかみ合わなかった、としか言いようのない作品でした。

1、2話で描かれたBETAの圧倒的な蹂躙振りとそれにより生じる絶望感が素晴らしすぎ、
結果、BETAを前にして人類同士が繰り広げる陰謀劇が、制作者の意図したで有ろう「陰惨な滑稽さ」
を感じる前に、本当に単なる「陳腐な茶番」に見えてしまった様に思えます。

作画の不安定さや2度の総集編、戦術機の見分けにくさ、
後方の試験基地という妙に緊張感の無い舞台設定等も加わり、最期まで波に乗れませんでした。
水着回やら温泉回も結果としてはテコ入れになったとは言いがたいですし。
カムチャツカ編等で作品の各要素が上手くかみ合った回があったので、
原作にはない対BETA戦等を入れ、その中で終盤のキーである難民の生活などをさりげなく
描いて居れば、かなり違っていたのでは無いでしょうか。

ディスク類の結果以前の問題として、確実に3クール以上の長さになる本編「オルタ」を
このノリ放送すること自体、止めた方が無難な気がします。

>エンドカードイラストなんだこれwww 間違いない!これがトータルイクリプスだwww
人類とBETAとの来るべき対話を示唆しているんですかね。

とは言え、半年間のレビューお疲れ様でした。
2012/12/29(Sat) 20:55 | URL  | nns #PjhX0VK2[ 編集]
Re: nns さま
> 結果、BETAを前にして人類同士が繰り広げる陰謀劇が、制作者の意図したで有ろう「陰惨な滑稽さ」
> を感じる前に、本当に単なる「陳腐な茶番」に見えてしまった様に思えます。

最後のアメリカの偉いさんとメーカーの偉いさんらしい人が話していた内容も全くわからなかったです・・・(T_T)

> カムチャツカ編等で作品の各要素が上手くかみ合った回があったので、原作にはない対BETA戦等を入れ、その中で終盤のキーである難民の生活などをさりげなく描いて居れば、かなり違っていたのでは無いでしょうか。

内容が濃いだけに、二期の内容だけで24話やってほしい感じでしたね。

> 人類とBETAとの来るべき対話を示唆しているんですかね。

まさに混浴ですねwww
2012/12/29(Sat) 21:02 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
まず、半年のレビューお疲れ様でした。

不評の理由ですが、作画の乱れ、テンポの悪さもありますが、「設定を把握していないと全容がつかめない」という敷居の高さもその1つであったように思います。
 戦術機の運用思想と国毎の特性、BETAの侵攻方法・個体数・ハイヴなど、欲を言えばサクロボスコ事件~明星作戦の戦史、各国の戦略方針の対立(G弾推進派VSG弾脅威論etc)などを知るだけで話の理解度がかなり違ったんですが・・・(本音では全部知ってて欲しいw)
 ガンダムなどメカ好きの自分としては「まとめwiki」は天国の様な物でしたが、あれがもっと広まっていれば話は違ったのかもしれませんね。

色々な評価もありますが個人的には映像としてマブラヴが見れて満足でした。
実はアニメ版は正史ではなく、TE正史はゲーム版になります。
   TEの本気は伊達じゃない!
と思わせてくれることを期待しましょう。

改めて、これまで駄文をお読みいただきありがとうございました。
また時々顔を出しますw
 
2012/12/29(Sat) 22:12 | URL  | G元素 #-[ 編集]
Re: G元素 さま
> まず、半年のレビューお疲れ様でした。

こちらこそ色々とご教授いただきありがとうございました。おかげさまで最後まで楽しく見ることができました m(_ _)m

> 「設定を把握していないと全容がつかめない」という敷居の高さもその1つであったように思います。

そこは本当にそう思います。ボクは結構設定とか調べるのが好きな方なのですが、それでもwikiだけでは把握できないくらいマブラヴは深かったですね~

> 改めて、これまで駄文をお読みいただきありがとうございました。 また時々顔を出しますw

ぜひよろしくお願いいたします!
2012/12/30(Sun) 22:05 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。