TOTAL/NOW 
  • 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 当ブログのコメント欄でも話題に上がっている、12月15日可決されたに東京都青少年健全育成条例改正についてです。
 デリケートな問題なので日和見を続けていましたが、結構賛否が飛び交っているようなのでちょっと触れておきます。 まずは超簡単にここまでの流れを説明(間違ってたらスミマセン)
 改正内容はいろいろあるのですが、特に話題に上がっているマンガの規制について・・・


 東京都はマンガの規制対象である

青少年に対し性的感情を刺激し、残虐性を助長し、または自殺もしくは犯罪を誘発するもの


 この条例に

刑罪法規に触れる性交等や近親者間における性交等を不当に賛美・誇張する描写


 という一文が加えられたものが、今改正です。(はしょりすぎかと思われますが、骨子はこんなところかと・・・)


 何が問題なのでしょう? ごくごく普通の条例だと思われます。ではなぜ漫画家の先生たちは怒っているのでしょうか?




 まず知っていただきたいのは、改正前のマンガの規制状況です。
 今改正前にも当然のように規制はあったわけで、東京都だけでなくみなさん本屋さんなどでそれは目にしておられます。
 いわゆる『青年コミック』です。これは18歳未満に販売することはダメ!という成人向けマンガのことで、これは出版社が自主規制で決めています。『青年コミック』は一般の本棚に陳列することはできません。子供の目に触れないところに置かれるのが一般です。
 さらに出版社が『青年コミック』に指定しなかった本も、青少年健全育成審議会のメンバーの方が調査して、「これはいかん!」というマンガは『不健全指定図書』として青年コミック棚に移動されます。

 今回の改正で引っかかったマンガも青年コミックとしてそちらの棚に移動させられることとなります。



 ここまで理解してもやはり改正の問題は分からないです。いや、正しくはボクは分かりませんでした。
 別に棚が変わるだけだから問題ないのでは? というより、子供の目に触れるところ、子供が買えるところにそんな本を置く方がおかしいとも思っていました。

 子供を持つ親の身としては、この改正に賛成していたのが本音です。
 ですが、反対の立場の方の意見を見聞きし、その考えは変わりました。改正に反対ではありませんが、この改正ではダメだと思ったのです。


 もう一度改正した条例を見てみますと・・・

青少年に対し性的感情を刺激し、残虐性を助長し、または自殺もしくは犯罪を誘発するもの、刑罪法規に触れる性交や近親者間における性交等を不当に賛美・誇張する描写


 読み替えると、 
 見た目18歳未満のキャラクターの性描写、暴力描写、犯罪描写が規制となるのです。

 ほとんど全てのマンガが規制対象となるといっても過言ではありません。
 読み替えるからダメなのだ。という意見もあると思いますが、規制する側が読み替えて実行できるということですから、この読み替えは大切なことです。

 さらに、不当に賛美・誇張する描写 という箇所がこれ以上に大きな問題を含んでいます。 改正前の条例では、規制の対象は『絵』でした。性的、残虐、犯罪を描いている絵が規制対象でした。
 しかし改正後、規制の対象は『ストーリー』となります。 ストーリーの中で性描写、暴力描写、犯罪描写が賛美されているかどうか? おこちゃま孫悟飯が敵を殴ったことが可か不可か!? つまり殴ったシーンだけモザイク入れとけばいい、という話ではなく、殴るという暴力描写を賛美・誇張してはならないのです。
 高校生カップルがイチャイチャしてはダメなのです。そのシーンを直接描かなくても、それを賛美・誇張するとダメなのです。

 これでは漫画家さんが自由にマンガを描けるわけがありません。
 こういった理由から、出版社はこの改正に対し、もっと明確な判断基準を設けるよう訴え続けてきましたが、ことごとく無視。強行採決ともいえる可決となったわけです。
 このことに対して出版社は怒っているわけです(たぶん)

 都は「作者が表現した芸術性、社会性などを酌み取り、慎重に運用を」と付帯しましたが、これまたあいまいな基準なわけです。

 出版社はなにも、「エロ本売らせろ!」と言っているわけではないのでお間違いなきよう・・・
 ボクも子を持つ身ですから、当然エロ本ともいえるマンガを気安く買える環境は代えるべきだと思いますが、改正前から浄化する仕組みがあるわけですから、それを強化するなりすればよいわけで、なぜこんなにあいまいで、いつでも出版を弾圧できることが可能となるような条例をつくったのか不思議でなりません。

 こういった流れと理由から、ボクは改正には賛成ですが、判断基準を明確にする必要があると考えています。

 こういった問題は人それぞれ受け取り方が違いますでしょうから、いろいろな人の意見を見聞きすることをお勧めいたします。この記事はあくまでもボクの考え方であります。
 ぜひ皆さんのご意見もお聞かせください。考え方、意見は人それぞれだと思いますので、コメント欄での議論などはしないほうがいいように思われます。立場持ち場で正しいものは変わるものです。あくまでも他の人の意見として見て下さい。ボクもコメントの返信はしないようにいたします。





関連記事




コメント
この記事へのコメント
改正条例の文言が違う…?
失礼します
まともな議論が出来るほど調べていないのですが、今回の11月案可決は支持しています。逆に今まで問題を放置してきた出版業界及び著名漫画家たちが反省せず、自分たちなりの対案も出さず、ただ反対だけ唱える姿を嫌悪しています。
この問題は1970年よりも前からあり、大御所の漫画家が自主規制ルールなどを決めるとか活動すると表明していたはずで、現在の一部の学齢女児向けコミックの内容の酷さを知っているので、あの先生方は今まで何をしてきたんだろう?と疑問が消えません。
改正案可決前に都のサイトで見た条例文では、刑罰相当行為にあたる性交や性交類似行為といった風に【等】が入らなかった気がしますが、現在確認できずに判断保留です。
あと、暴力描写などの改正前から存在する文言について、今回、ついでのように拡大解釈の恐れを指摘して不安を煽るのは、便乗的な胡散臭い手法に見えます。
最後に判断基準について、法律の施行規則と同じように条例にも別則があって、条例で使われている文言の示す範囲や内容が厳密に規定されているようです。誰が審議会委員になっても、解釈を間違えない為のものだと思います。
事実誤認や勘違いがあったら申し訳ありません
2010/12/20(Mon) 01:36 | URL  | バツマル #-[ 編集]
成る程。注意深く情報を見ないと、物事の本質(今回で言うと、改正条例の件)を見誤るのが改めて分かりました。
あまる様、勉強になります。

本当はこの度のあまる様のスレを拝読させていただいて、改めて自分の意見を書き込みたいのですが、自分が幼稚な思考のせいか、直ぐに熱くなってしまうし、これ以上、あまる様にご迷惑をおかけするのは悲しいので、いつか改めて・・・。


追伸
所帯を持っている方が羨ましく思うこの頃。入院生活で、つくづく思い知らされましたf^_^; あまる様、羨ましか(>_<)
2010/12/20(Mon) 02:22 | URL  | 犬ベイター #-[ 編集]
あまる様のおっしゃることに尽きるでしょう。

これ以上の発言は控えます。
2010/12/20(Mon) 07:31 | URL  | tomoko #XVgCdbeE[ 編集]
こんにちは今回の条例については、バッググラウンドを細かく説明しなければ難しい。とりあえず。
子を持つ親も反対派でたくさんおります。
現在日本の性犯罪は減少傾向が続いており、規制国は必ず性犯罪が必ずうなぎのぼりに上昇します。
13歳以下の暴力性性犯罪の被害認知件数は最低基準です。
2010/12/21(Tue) 20:56 | URL  | オタクの人 #Mh3StD9g[ 編集]
一次情報を精査して判断しましょう
再び失礼します
今年4月から続いた宮崎での口蹄疫事件でもそうですが、ネット上での誤情報に踊らされて、間違った意見と気付かずに拡散して下さいと書き込む無知な善意の市民が多くいました。彼らは一次情報を確かめずに事実だと鵜呑みにして、間違いを再生産し続けました。
例えば備蓄した消毒薬を国が放出しないとか、ウィルスによく効く消毒薬剤を製薬会社社長が買い付けて持ち帰ったとかは嘘やデマ情報だけど、長らく語り続けられました。
消毒剤は自治体が備蓄するが国は民間在庫を利用する(ただしワクチンは備蓄する)し、消毒薬剤ビルコンSは当時火山噴火の影響で欧州からの到着が延びていて契約分以外の在庫は全て宮崎に送っていたし会社(ネットで書かれた会社名は間違っていた)はデマ内容を自社HPで否定。

何かを伝える際には、可能な限り自分で情報を確認するように市民には成熟してもらいたいものです
2010/12/24(Fri) 13:24 | URL  | バツマル #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/26(Sun) 19:01 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。