TOTAL/NOW 
  • 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



6_20110110215620.jpg  12_20110110215619.jpg

 2クール目に突入し、俄然面白みを増してきたね~タクトさま!
 グッと謎が増えてきたので、今日は第14話で出てきた謎をキャプ画と共に書き留めておこうかと思います。


『大丈夫だよミズノ。私はあなたを守るためにここにいるんだから』
アインゴットの目で見たミズノの隣にマリノがいなかった理由

①マリノは実在せず、ミズノの二重人格説
 良くあるパターンですが、14話だけでもタクト、ケイトなどに姉妹として確認されているので、実在はしていると考えてよいと思う。
②アインゴットの目を通しているので、ドライバーであるマリノの姿が見えなかった説
 これが一番幸せな解釈ですが、なさそうな感じですね・・・
③マリノはミズノが作り出した存在説
 例えばミズノの第一フェーズの力で生み出された、マリノを守るための存在。これがいちばんスッキリするように思えます。問題はミズノがすでにアプリポワゼしているのか? 作り出された存在のマリノがドライバーとなれるのか?ということ。
④カースケ=マリノ説
 マリノがカラスなのはチト悲しい。





18_20110110215618.jpg  24_20110110215617.jpg

『なぜあのサイバディだけが握りつぶされていたのか?もっとよく考えてみるべきだったんじゃないかしら』
アインゴットがザメクに握りつぶされていた理由

 ザメクは王のサイバディ。王が握りつぶしていたアインゴットは、スガタをして「あれは邪悪なサイバディだ。あれを復活させてはいけないんだ」 と言わしめた。
 アインゴットは『巫女の居場所を見透せるという眼を備えたサイバディ』となっていますが、その身体はサイバディの成れの果て、ゾンビ化した姿になっています。かつてはタウバーンに匹敵するような機体であった、とのことですから、何者かによりあんな姿にされてしまったのでしょう。それが、額に現れた第三の眼と関係あるのかもしれません。
 アインゴットがヘッドを睨み付けたことやカタシロ・リョウスケの左眼の眼帯がヒントなのかなぁとか思っています???





30_20110110215616.jpg  36_20110110215615.jpg

『ゼロ時間の間に消えた?』
ゼロ時間に召還される条件とは?

 これが分からないんですよ~ (T_T) ワコやスガタを見ていると、ゼロ時間が展開されると、イヤでも召還されてしまうようです。
 現在ゼロ時間に召還されているのは『シルシ持ち(タクト、スガタ、ワコ)』『綺羅星十字団幹部』『電気柩に乗ったドライバー』
 電気柩のドライバーはそのままなので分かりやすいのですが・・・

 綺羅星十字団はなぜ幹部だけなのか? 今まであの仮面に秘密があると思っていたのですが、今回仮面を被っていなかったヘッドが召還されたことで考え方を改めなくてはならないようです。
 ヘッドがシルシ持ちだから。という考え方もできなくはないのですが(今回ヘッドのシルシが光るようなシーンはなかったですが)、それならばダイ・タカシやサカナちゃんも召還されてしかるべし。サイバディが破壊されているかどうかは他の幹部を見ても関係がないようなのでこれまた関係ないのかも・・・

 結局のところ分からないんですよ~ (T_T) 輝きのタクトは結構設定が練りこまれていて、ただの演出とは思えないので、何か基準があるはずなんですが・・・





43_20110110224221.jpg  49_20110110224220.jpg

『ザメクのシルシを持つものが生まれた年には、必ず島に四人の巫女が生まれるという理』
ひが日死の巫女、ニチ・ケイト

 アインゴットの目にケイトの後姿が映ったことで、ケイトが巫女であることが確定しました。(アニメ誌にも書いてあったしw)ケイトがひが日死の巫女であることは、ゼロ時間に現れる四方の巫女のシルシのひとつがフェニキア文字の『日(ケト)』であることや、サカナちゃんがフェリーに向かうバスで居合わせた四人のうち三人が巫女だったため、早くからネット上では言われていました。
 ワコとスガタの幼馴染であり、ひが日死の巫女であるケイト。スガタに思いを寄せ、スガタの婚約者になる資格があったはずの彼女。しかし島で朝日が一番に見える場所(最東)のひが日死の神社はただ鳥居を残すのみとなっていた。なぜひが日死の神社は廃れたのか?なぜケイトはスガタの婚約者になれなかったのか?なぜケイトは綺羅星十字団に入ったのか? なぞばかりですが、それは ひが日死の巫女編で語られていくこととなるのでしょう。

 ただヘッドの口ぶりから、ケイトとヘッドはかなり秘密を共有しているように思えました。もちろん第2フェーズに上がった時もケイトはイヴローニュとして立ち会っていたはずなので、巫女の封印が解かれる様を知っているはずです。(おそらくは巫女のサイバディとアプリポワゼさせ、ヘッドがスターソード・ディアマン?で巫女のサイバディを破壊することで封印は解かれる?)
 それでも尚綺羅星十字団にい続ける理由。ヘッドの正体もあわせて気になること多数です (>_<)



 ということで考察というよりは謎を並べ立てただけとなってしまいましたが、輝きのタクトはオリジナルアニメだということもあって、結構設定や伏線が豊富ですのでまた気になったところがでたら紹介したいと思います。














関連記事




コメント
この記事へのコメント
お早うございます。

>マリノがいなかった理由
>二重人格説
逆にミズノの方が、マリノのもっと奔放でありたいという願望が作り出した存在という可能性も。

>マリノはミズノが作り出した存在説
上記に関連して、幼い頃はマリノの脳内だけの存在だったミズノが、
マリノの第1フェーズ能力で本当に物体化されたとも考えられますね。

14話でのタクトとのシーン以外で、姉妹が2人で第3者と会話しているシーンがあったか検証してみる
とかすれば、何か分かるかも知れませんが…。

>ひが日死の巫女、ヘッド、アインゴッドなど、謎を並べ立てただけ
そもそも、タクトが何者であり、何故島にやって来たのかさえ不明ですからね(笑)。
ただ、あるま様の仰るとおり、これらの謎が漫然と提示され、
ストーリーを微妙に引っ張っていないと言う点が気になりますね。
2011/01/11(Tue) 08:44 | URL  | nns #PjhX0VK2[ 編集]
Re: nns さま
> 逆にミズノの方が、マリノのもっと奔放でありたいという願望が作り出した存在という可能性も。

なるほど、それもありですね!

> これらの謎が漫然と提示され、ストーリーを微妙に引っ張っていないと言う点が気になりますね。

イカ刺しサムをはじめとして本当に謎は多いんですよ。そして毎週増えていくばかりで減る様子がない。果たしてちゃんと回収してくれるのでしょうか?心配です・・・
2011/01/11(Tue) 22:33 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
スレチですが、今日(正確には明日25時30分)、「GOSICK」とかいうアニメがあるんですよね~。テレビ大阪系で。
声の出演に悠木碧ちゃんがf^_^;
彼女の演技力には「紅」で感心させられていますから、今日は明日に疲れが溜まるのを覚悟で見てみようかなぁ~と思います。
うっかり寝てしまわなければ・・・(笑)



デカルトよりグラハムの方がストーリーに何倍も貢献してましたよね。f^_^;
2011/01/11(Tue) 23:09 | URL  | 犬ベイター #-[ 編集]
Re: 犬ベイター さま
> 声の出演に悠木碧ちゃんがf^_^; 彼女の演技力には「紅」で感心させられていますから、今日は明日に疲れが溜まるのを覚悟で見てみようかなぁ~と思います。

アイリスもジムリーダーのようですし、悠木碧さん大活躍ですね!

> デカルトよりグラハムの方がストーリーに何倍も貢献してましたよね。f^_^;

ガンダム国勢調査で、「『劇場版 機動戦士ガンダム00』で衝撃的だったポイントは?」はとの質問で、グラハム・エーカーが1位になってましたねw
2011/01/13(Thu) 19:29 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
後半ここまで詰め込んで見事終結できたらお見事ですね。

本当にオリジナルにがんばって欲しいです。
原作付きが悪い訳ではないですが安易なアニメ化が多いのは否めませんね。
せめて放送予定話数をクリアできる分のストーリーがあるならまだしも、単行本数冊程度では
「ああ、最初から企画ものだったのね」ですね。その割にどうよだったり。
そもそもバクマンの「中学生がデビューして18歳までにアニメ化を目指す」という設定からして
今の軽すぎる風潮をよく表してます。
それでいったいどんな「物語」が紡げるというんだろう?
案の定、勘違いしちゃう「中2くん」が、また増えちゃってるようだし;

さて、双子ですが。
巫女として生まれたのは果たしてどちらか。
その出生のことを知らない彼女が実態か偶像か。
「巫女である彼女」が大切にしていた「失った妹」をその力で復活したのかな?
でも学園内のシーンで他人といるシーンが思い出せないんで、やっぱり姉が偶像??
本来みんなが魔法を使えるはずと妹は言いました。
自覚があるようで無いようで、本当に不思議ちゃんですね。

そんな風にいろいろ考えられる面白さが出てきたってことですね。
なのでやっぱり1クール目のおふざけはちょっと長すぎた気もします;
OPでのサカナちゃん復活、おめでとうございます<(_ _)>
2011/01/14(Fri) 21:10 | URL  | tomoko #MlQgtKFg[ 編集]
Re: tomoko さま
> 原作付きが悪い訳ではないですが安易なアニメ化が多いのは否めませんね。せめて放送予定話数をクリアできる分のストーリーがあるならまだしも、単行本数冊程度では「ああ、最初から企画ものだったのね」ですね。その割にどうよだったり。

本当にその通りです。とりあえずアニメ化しとけ、みたいなのってやっぱり面白くないのが多いですもんね~。ラストあたりはオリジナルでいくが、それまたツマラナイ・・・みたいな。

> でも学園内のシーンで他人といるシーンが思い出せないんで、やっぱり姉が偶像??

野球の回でタケオくんと話していたくらいでしょうかね・・・

> そんな風にいろいろ考えられる面白さが出てきたってことですね。なのでやっぱり1クール目のおふざけはちょっと長すぎた気もします;

考察ができるのはオリジナルアニメのいいところですから、がんばってほしいですね~タクト君。
2011/01/14(Fri) 22:45 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。