TOTAL/NOW 
  • 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



BeTogether.jpg
betogether2.jpg

 なつかしの 『BE TOGETHER / 鈴木あみ』 のPVをあずにゃんで描いてみました。いいなぁ~鈴木あみもあずにゃんも大好き

 このイラストがpixiv 投稿100枚目ということで、今日はイラストのメイキングを恥ずかしげもなく公開です!
 参考にならないからって怒らないでくださいね・・・






メイキング1 モチベーションアップ!

 鈴木あみ「BE TOGETHER」のPVを何回も見る。そして鈴木あみにベタ惚れ。中でもとても好きなカットを決めてキャプる!

00_20110925185738.jpg  







メイキング2 ラフ描き

01ラフ

 鈴木あみへの想いをあずにゃんに移行しながらラフ描き! 結構太めの線でグリグリ描いてます。
 今回は構図が決まっているのでアタリなしでいきなりラフです。





メイキング3 線画

02線画

 いちばん嫌いで苦手な工程。ラフの太い線の時はそこそこ上手に描けたのに、細い線画にするとサイアク・・・というのがよくあるパターン(泣) 一時期 AzDrawing を使っていましたが、やっぱり手描きの方がよくて、今のところ線画はオールペンタブです。 一度SAIを試してみようと思っているんですが、なかなか後回しになってます。





メイキング4 ベタ塗り

03下塗り1

 ベタ塗りが嫌いな人が多いようですが、ボクはもともと ぬりえが大好きなので全然楽しいです。
 まずは背景を濃い目のみどり色にして、白で塗っていきます。白背景にうすめの色での塗りだと確実に塗り残しや塗りムラ、はみ出しがあるのでこうしてます。みどりなのは目に優しそうだからw



04下塗り2

 自動選択ツールだと、どうしても塗り残しや塗りムラがでるので、ペンタブで縁を塗ってからバケツでベタしています。


05下塗り3

 ベタで塗り終わってから、色を変換。色変換の方法は不透明部分の保護をしてから、好きな色でベタっっとしています。


06下塗り4

 白で塗っては色変換。白で塗っては色変換でベタ塗り完成です。
 塗りの順番としては細かくて上にあるものから塗っています。アクセサリ→髪→服→肌 みたいな感じです。レイヤー順も同じです。今回は顔と手をレイヤー分けして塗っています。





メイキング5 目入れ

07目入れ

 目を入れるタイミングは人それぞれだと思いますが、ボクはベタ塗りが終わって影をつける前(光源の位置を決めた段階で)目を描き入れます。 目が入ると一気に完成に近づく感じがして好きです。
 ボクはまだヘタクソで、すぐにキャラがどっか向いてしまいます。なので新しいレイヤーを2つ作って右の瞳と左の瞳をそれぞれ書き込んで動かし、ちゃんと狙った位置に向くように調整してます。






メイキング6 影つけ

08影付け

 影つけです。イラストのデキは線画と影つけで決まると思いますが、どちらも苦手です。センスとかないし・・・ (-_-;)
 線画と同じで、とにかく練習あるのみなのでしょう!
 光が当たるところは明るく、当たらない所は暗い。髪の毛はまとまりと流れを考える。光源に近いほうが明るく遠いほど暗い。ハイライトは頭の形を考えて。などなど参考書に書いてあることを思い出しながら塗ってますが、「あーなるほど、こういうことかっ!」となることはマレです。





メイキング7 仕上げ

betogether2.jpg

 色調整やトリミング、最終調整をしました。左上からやわらかい光が当たっているような感じにしたかったので、最後に左上からソフトライトで水色を重ねました。が、ちょっとノッペリしちゃいました。失敗です。
 こういうのって後日気がつきます。あちゃーって。「この構図おかしかった~」とか「パース狂ってる~」とか。 たぶん自分以外の人は全然気にならないのでしょうが、本人にとっては重大事項です。なんならもう見るのもイヤになるくらい。でもこれが大切だと思います。次は直そうと切に思いますから、きっとその悔しさだけ上手になるはずです!たぶん・・・

 最後にPVなのでMTVの画面風にして完成です。以上メイキングでした。ちなみにこのイラスト、pixiv での戦績は散々です (T_T) 1000点ブクマ100を目標にこれからもがんばります!






おすすめ教本

ヘタッピマンガ研究所R (ジャンプコミックス)

 このあいだ ヘタッピマンガ研究所R を読んだのですが、この本が400円なのに 参考になることがいっぱいでした。ラストステップ『漫画家の心得』 も素晴らしい展開で、やっぱりマンガ家さんはすごいなぁと心から関心です。
 「画力の成長線は曲線でなく階段型ですから、どこかでガツンと変化があるはずです」 っていうセリフがすごく心に響きました。 最高のコストパフォーマンスでおすすめです。本屋さんのジャンプコミックのコーナーにあります。





関連記事




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。