TOTAL/NOW 
  • 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



4_20111029214319.jpg  10_20111029214318.jpg

すり潰されたりせんぞ!すり潰されたりせんぞ!

輪るピングドラム 第16話 死なない男

 今週のエンディングテーマは「 イカレちまったぜ!! 」だったのですが、本編の内容もまさにイカレちまってましたwww
 ちょっとここ最近真面目にはなしが進んでいたと思っていたらコレですから・・・やはりピングドラムはやめられません。 しかし実はこの16話、密かに重要な回だったりするそうです。というか、もう1話たりとも気は抜けないそうです。






16_20111029214317.jpg  22_20111029214316.jpg

きっと何者にもなれないお前さんに告げる。コソコソとひとのこと隠し撮りしやがって

 今週のみどころは、夏芽家のメイド 連雀(レンジャク)さんが脱いだらすごいwww 生存戦略の入り方がズルいほどおもしろい! 祖父夏芽左兵衛、三角木馬の上で尚たぎる! といったところでしょうか?

 もうどこまでが現実でどこからが夢なのかさっぱり分かりませんでしたが、真砂子の好感度がストップ高だったのは確実です。 しかしピンドラのキャラって登場当初は悪い印象のひとばっかりなのに、掘り下げられた現段階では悪いやつキャラは眞悧さんくらいになってしまったのではないでしょうか? これだけキャラへの感情がコロコロ変わってしまうアニメも珍しいですね。






28_20111029214315.jpg  34_20111029214313.jpg

世界を取り戻すのさ

 運命を乗り換えた桃果派と、世界を取り戻そうとする眞悧派、という対立の構図になるのでしょうか? 眞悧のいう 「この世界の間違いを正すものに選ばれた」 冠葉、真砂子の父。「わたくしはその列車には乗らないわ」と断言した真砂子。 晶馬、苹果、多蕗、ゆりそしてプリクリは桃果派になりそうな気もしますし・・・そうなると眞悧派は高倉両親や荻野目両親、真砂子父などピンドラ主要キャラの家族+冠葉となるんでしょうか?
 まぁ、もう予想通りになることなんてないのでピンドラに考察は不必要!という感じにはなってきてるんですが、それでもやっぱり考えてしまいますね・・・













関連記事




コメント
この記事へのコメント
今回は駄目だった…
私はこれまでピングドラムを全面的に推してきたが、今回の放送には参った。

祖父殺しの夢の執拗な繰り返し。
そのギャグはレベルの低い馬鹿げたもので唖然とさせられる。
最後は2皿のふぐ刺しを選んで夏芽家の相続人を決めるとは。
全く意味不明で出鱈目な展開。
更に驚いたことにいとも簡単にプリンセスが復活してしまった。
冠葉との感動的で衝撃的な別れは何だったのか?

おまけに陽毬のやつ態度悪いなあ…
冠葉が必死こいてカネ集めに奔走してるのに。
一方で、リンゴは健気で純情さに溢れ愛おしかった。
とってもファビュラス!

結論:とにかく第16話は失敗作だった。
前回の15話が良かっただけに残念。

 以上が率直なです。
2011/10/29(Sat) 23:28 | URL  | 野田 佳彦 #-[ 編集]
まだよく理解できていませんが
何故、夏芽左兵衛の顔が描かれなかったのか?真砂子にとってトラウマになるほど苦手な人物だった、という意味なのか。または、9話と同じように眞悧の介入による深層意識の掘り起こしで、本人も忘れてしまったと思い込んでいる古い記憶なのか。
利用されて殺されてしまう、と企鵝の会の内情も分かっているような真砂子は、父親の行方と冠葉の運命も予見しているような


冠葉と真砂子が実は兄妹と仮定すると、高倉夫妻の血を継いでいるのは晶馬だけとか?
多蕗の手の傷は、殺されそうな兎を庇おうとした桃果を助けた名誉の傷だったりするのかな?
桃果に運命日記を書かせようとした者が誰なのか?
何気に晶馬に絡む山下君が、意外に怪しいと思って観ています
2011/10/30(Sun) 00:27 | URL  | バツマル #-[ 編集]
Re: 野田 佳彦 さま
コメントありがとうございます (*^_^*)

> 最後は2皿のふぐ刺しを選んで夏芽家の相続人を決めるとは。 全く意味不明で出鱈目な展開。

あれも夢かと思いきや、どうやらフグの毒は本当だったようですし・・・まさに意味不明ですね。

> 結論:とにかく第16話は失敗作だった。 前回の15話が良かっただけに残念。

ピングドラムは何が起こるか分かりませんから、あとあと「な、なんと16話がここにつながる演出っだったとは!」 なんてことに・・・ならないかwww
2011/10/30(Sun) 12:02 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
Re: バツマル さま
> 何故、夏芽左兵衛の顔が描かれなかったのか?真砂子にとってトラウマになるほど苦手な人物だった、という意味なのか。

真砂子にとっては「祖父」というだけの存在で、顔なんて認識していなかった。という演出かと思っていましたが、あれだけ大切に思っている父親も顔を描かれてなかったので、ああそういう演出か・・・と勝手に思いました。

> 冠葉と真砂子が実は兄妹と仮定すると、高倉夫妻の血を継いでいるのは晶馬だけとか?

その仮定はなにかと今までの伏線を回収できそうで素晴らしいですね。

> 何気に晶馬に絡む山下君が、意外に怪しいと思って観ています

山下くんwww ですがバツマルさまの予想は結構当たるのでよくよく注意して見ておかなければ、意外と重要シーンに登場していたりして・・・ が、顔が分からないだけに特定できない・・・
2011/10/30(Sun) 12:16 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
顔に張り紙
祖父の顔の張り紙は深い意味はなく、単純に祖父の人格や権威を簡略化し、かつ象徴的に表すための手法と考える。
第七話でも時籠ゆりと社長のラブシーンが出てきたけど、社長の顔に張り紙がありましたね。
ピクトグラムを多用するなど独特の手法をこの作品は好んで使っています。
2011/10/30(Sun) 22:34 | URL  | 野田 佳彦 #-[ 編集]
訂正
あっ、訂正
社長じゃなくて権力者でした。
2011/10/30(Sun) 22:56 | URL  | 野田 佳彦 #-[ 編集]
>夏芽家のメイド 連雀(レンジャク)さんが脱いだらすごいwww

祖父の代から仕えていたって・・・何歳くらいのキャラなんでしょう?

>運命を乗り換えた桃果派と、世界を取り戻そうとする眞悧派、という対立の構図

整理すると

巨大な銅像の建っていた眞悧派の世界A
>桃果がゆりの為に世界を変える
>東京タワーの建つ現在の世界B
>世界Aの残党である眞悧派の反撃。
晶馬等の両親などを組織化し地下鉄の事件で桃果を殺害。が日記は奪取できず。
>現在のピングドラム(日記)の争奪戦。

となるんですかね。

ゆりの目的は桃果の復活なので、桃果派とは微妙に目的が違うとも言えます。

最期は、ピングドラムを手にした晶馬と苹果に決断を迫る、という展開になるんでしょうか。
2011/10/31(Mon) 08:36 | URL  | nns #PjhX0VK2[ 編集]
Re: 野田 佳彦 さま
> 祖父の顔の張り紙は深い意味はなく、単純に祖父の人格や権威を簡略化し、かつ象徴的に表すための手法と考える。

それっぽいですね。張り紙ごと銅像はわらいました。
2011/11/01(Tue) 22:08 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
Re: nns さま
> 巨大な銅像の建っていた眞悧派の世界A
> >東京タワーの建つ現在の世界B

ボクは地下鉄爆破事件以前・以後で変わった世界ではないかと思っています。
乗り換えるべきではなかったと考えるサネトシ派と反対の桃果派のような感じで。

> 最期は、ピングドラムを手にした晶馬と苹果に決断を迫る、という展開になるんでしょうか。

結局のところ主役の位置は晶馬なんですかね?そしてヒロインの位置が山下と・・・
2011/11/01(Tue) 22:32 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。