TOTAL/NOW 
  • 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



4_20111112173005.jpg  10_20111112173005.jpg

悲しいことも、つらいことも無駄だなんて思わない
それが運命ならきっと意味がある。私は受け入れて強くなるよ。だから・・・

輪るピングドラム #18 だから私のためにいてほしい

 心が重くなりました・・・でもいいアニメです。キャラの心がどっしりと伝わってきました。ペンギンの出番が少ないと、やはりこんなにも鬱なアニメだったんですね・・・ 
 でもラストのサブタイトルのところはジーンときました~ (T T) 小説版では 「だから・・・泣かないで」なんだそうですが、ん~ そっちのほうがよかったかな? どちらにせよ苹果ちゃんはどんどん良くなってきてますね~ ストーカーだったことも忘れちゃいそうです。
 というか毎週いろいろ大変過ぎて、いろいろなことを考えられなくなってます。ペンギンがどこからきたのか?とかもはやどうでもいい!という状態。むしろ全員がバッドエンドなんてことにならなければそれでいいと・・・






17_20111112173004.jpg  23_20111112173004.jpg

―あらすじー

 多蕗桂樹はピアノと才能のある子供しか愛さない母に育てられた。しかし桂樹の弟には桂樹以上の才能があった。母に捨てられることを恐れた桂樹は自ら左手を潰して母をつなぎとめようとするが、結局は捨てられてしまう。
 いらない子供が集められる『こどもブロイラー』 ここで子供はシュレッダーにかけられ透明な存在にされる。そこに桂樹を助けるため現れた桃果。桃果は多蕗桂樹のことを必要だと言い、命をかけて桂樹を救う。

 命をかけてまで自分のことを救ってくれた桃果。自分を必要だと言ってくれた唯一無二の存在桃果。
 その桃果は高倉剣山の起こした事件によってこの世を去った。 その罪に対する罰は受けなければならない。高倉家の人間が・・・




29_20111112173003.jpg  35_20111112173003.jpg

 採卵鶏というのは生後すぐに雄雌の識別をするのですが、日本人は99.5%以上の鑑別率を誇っており、世界選手権でも常にトップなんだそうです。 
 でも、その選手権の審査方法は 『性別の判定は全て解剖による』 って書いてあるのを見て 「うわぁ・・・なんかひどい・・・」 って思っていろいろ調べてみたらもっとひどいことを知ってしまって・・・ 「うわぁ・・・」 ってなったことを思い出しました。 こどもブロイラーのシュレッダー。














関連記事




コメント
この記事へのコメント
今晩は。

前回と今回で、多蕗決着編と捉え纏めて書きます。

桃果は、90年代終盤までやっていた、
「ご近所魔法少女アニメ」がシリアスになった奴の主人公みたいな感じがしましたね。
ああして毎週、トラブルに陥った友人知人を助けていたのでしょうか。
子供ブロイラー工場の壁を苦もなく破壊していましたし。
高倉父はその敵対組織の幹部なんでしょうか。

と言うかここまでくると、高倉夫妻はおろか、桃果自身にしても、
最早生死自体確定しているとは言いがたい気がします。

次回からはクライマックスに向かって、いよいよ戦争状態になるんでしょうか。
2011/11/12(Sat) 18:46 | URL  | nns #rHQDspHY[ 編集]
Re: nns さま
こんばんわ

> ああして毎週、トラブルに陥った友人知人を助けていたのでしょうか。

その力を周囲に限定して使っていたのでしょうか?それとも他所でも同じように人助けをしていたのか・・・

> と言うかここまでくると、高倉夫妻はおろか、桃果自身にしても、最早生死自体確定しているとは言いがたい気がします。

高倉夫妻は生存確定でしょう。あとは桃果ですが、乗り換えた電車にまた乗り換えてくるのは十分あり得そうですね。イメージはデンライナーですが・・・
生死に関して言えば、陽毬は何度死ねばいいんだ・・・という感じですね。もはや死ねない罰なのか?とも思えてきちゃいます・・・
2011/11/12(Sat) 20:54 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
やはり桃果は凄い
今回の回も良かった。 水琴窟の水が胸に響き渡るかのような心地よい感動を覚えた。

桃果は聖少女にして救済者であり指導者としての優れた資質を備えているようだ。
ガンダムのララァ・スンや二十世紀少年のカンナよりも偉大な力と母性を感じさせる。
陽毬は死に直面しながら臆することなく「タブキさん、お父さんの罪は私が受けます。」は素晴らしかった。
タブキは情けないダメ男ぶりを発揮していたが、それでも陽毬を抱えて立ち尽くしていた姿は堂々として立派だった。
だが、前回タブキは復讐に反対していたのに何故復讐へと向かっていったのかが分からない。
逆に時籠ゆりは復讐を唱えていたのに今回は反対(?)へと向かっていったようにも思え不可解だ。
それにしても子供ブロイラーとは一体何なのか?
実在する施設ではなく抽象化された象徴的な意味合いがあるようだが次第に明らかにされていくのかもしれない。

-とまあ、以上が今回の感想です。
ピングドラムはやっぱり最高ですね。
ピンクドラムに比べれば他のTVアニメは屁みたいなものです。♪
2011/11/12(Sat) 23:48 | URL  | 聖少女 桃果 #-[ 編集]
やっぱり凄い
私もnns さまと似た感覚を憶えて、厭な解釈をしてしまったのですが

魔法少女ももか☆マギカで大切な友だちを助ける為に運命を変えてしまい、結果として残された者たちが上手く幸せを感じられていないという話とその影響は一見関係の無い他人の人生までも狂わせ始めているという皮肉。眞悧は、運命が及ぼす影響に人がどう立ち向かうのかを見たいようで、多蕗に冠葉の写真を送り付けた黒幕(真砂子が実行犯?)かもと想像しました。
これは、ドラえもんのアンチテーゼだったタルるートみたいに、原因と真剣に向き合わないインチキでは駄目だという解釈なのでしょうかね?
苹果や真砂子が突破口になるかも、とのけいいち さまの意見に収斂されるのかも

こどもブロイラーは、自分に価値が無いと生きるのを諦めて透明な存在になる、廃人まで追い詰められる心理を表しているのだと解釈しました。そんな時に自分を必要だと認めて、死に至る病から救ってくれた桃果は間違いなく救世主。だけど、救われた者たちは強さを身に付けていなかったから、時が止まったまま。

まだまだ展開は続くでしょうから、本気で楽しみです
2011/11/13(Sun) 00:52 | URL  | バツマル #-[ 編集]
Re: 聖少女 桃果 さま
コメントありがとうございます (*^_^*)

> タブキは情けないダメ男ぶりを発揮していたが、それでも陽毬を抱えて立ち尽くしていた姿は堂々として立派だった。

最後の苹果ちゃんと入れ替わるところの多蕗はかっこよかったです。

> だが、前回タブキは復讐に反対していたのに何故復讐へと向かっていったのかが分からない。逆に時籠ゆりは復讐を唱えていたのに今回は反対(?)へと向かっていったようにも思え不可解だ。

むずかしい大人心というところでしょうね。

> それにしても子供ブロイラーとは一体何なのか? 実在する施設ではなく抽象化された象徴的な意味合いがあるようだが次第に明らかにされていくのかもしれない

どちらにせよ気持ちのいい施設ではないですね。
2011/11/13(Sun) 10:01 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
Re: バツマル さま
>眞悧は、運命が及ぼす影響に人がどう立ち向かうのかを見たいようで、多蕗に冠葉の写真を送り付けた黒幕(真砂子が実行犯?)かもと想像しました。

もうここまでくると眞悧がラスボスで眞悧を倒せばみんな幸せになるような結末でいいです!

> こどもブロイラーは、自分に価値が無いと生きるのを諦めて透明な存在になる、廃人まで追い詰められる心理を表しているのだと解釈しました。

陽鞠とマリオさんもこどもブロイラー出身ですし、あの施設の存在は実在して物語の重要ファクターなんじゃないかと思ってます。
2011/11/13(Sun) 10:09 | URL  | あまるけいいち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。